40代からの再就職
 


 



TOP
新卒就活との違い
40代再就職が難しいワケ
再就職活動のコツ
再就職先の探し方
40代女性の再就職
派遣という選択肢











40代再就職が難しいワケ
40代で再就職するのが難しい理由は、やはりその年齢にあります。

40代は決して若くない年齢なので、病気をする可能性がどうしても高いです。
会社側としては、社員が健康的で欠勤する可能性が低い方が嬉しいでしょうし、
万一病気をした場合でも、若ければ復帰も早いです。
ですが40代などの高齢者になってくると、一度病気をしてしまったらなかなか治りません。
復帰に時間がかかると、その人が担当している仕事がその期間中ストップしてしまうことになります。
会社にしたら、言い方は少しキツイかもしれませんが…迷惑に感じるでしょう。

また、本人が病気にかからずとも、その親が病気をしたりと、
必然的に介護をしなければならない立場に置かれる可能性が大きいです。
40代の親ということはつまり、おおよそ60代〜70代ということ。
痴呆症などを患っている可能性も少なくありません。
親を介護するのは子供の役割であり、親孝行としても介護はしたいもの。
親の介護で会社を欠勤することも100%無いとは言い切れません。

給与面でも、40代や50代になると会社は雇いにくいと感じる点があります。
それは何かと言うと、やはり高年齢になると支払われる給与が高くなります。
昔ながらの年功序列の考えが残っている会社もあるでしょうし、
実際これまでの人生経験が長いので、それなりにスキルも持っているので、
それに対して支払われる給与は高くなります。

会社としてはコストが高くつくんですね。

なので、高コストで即戦力になる高齢者を雇うよりも、
低コストで若い人を雇って1から育成した方が良いと考える会社もあります。
若い人であれば覚えも早いですし、固定観念なども持っておらず柔軟に対応できます。

これらの理由から、高齢者は扱いにくいと思われて、
結果、40代の再就職が難しくなるんですね。



Copyright(C) 40代からの再就職 All Rights Reserved